応用研究室

心理学+α

~心理学を中心に応用研究を目的とした私設研究室~

心理学は、それだけでももちろん、十分に役に立つ学問ですが、他分野の理論も重ねて学ぶことで、より「実社会への応用」の可能性が広がると実感しています。

心理学・コミュニケーション学を中心に、これまで学んできたその他の様々な分野(経済学、博物館学、美術史、文化史、防災学、他)の理論もプラスし、少し自由な発想やスタイルで、現実の社会に広く役立つ実践的な研究を進め、情報提供を行っています。

~活動の例~

*心理学×コミュニケーション学:職場を含むコミュニケーションの変化と課題について情報提供

*心理学×経済学:早稲田大学オープンカレッジで「行動経済学講座」を担当

*心理学×博物館学:博物館のもつサードプレイスとしての機能について研究

*心理学×防災学:日頃から心も備えておくために、心理も含めた防災に役立つ情報を提供

*心理学×文化史:忍者が行っていたコミュニケーションについて、NHK国際放送で解説

*他

アンケート調査など、研究にご協力いただける企業・団体の方々を募集しています。これまで多くの方々にご協力いただきました。心より感謝申し上げます。